HOME
Information浚渫揚土圧送プレミックス研究技術開発工事実績English
広範囲土質に対応するバックホウ式揚土船
■本船はスプレッダベルトコンベアを装備したバックホウ式揚土船である。
■設計能力は時間辺り2000m3で浚渫土砂から山土や建設残土まで広範囲の揚土が可能である。
■浚渫土砂に含まれる粘土塊も特殊破砕装置により粉砕の上用材として揚土する。
海洋汚濁防止のためベルトコンベア裏側には土砂落下防止の受け枠を設けている。
スプレッダのアウトリーチは60mで、護岸奥までの揚土が可能である。
アンカー係留に加え、有効水深15mのスパッド係留が可能であり航行船舶に配慮している。
IMO Nox二次規制対応型
■土運船の大小を問わず、大型バックホウ2台で効率的な揚土作業が可能。 
 SPECIFICATION
 性能 
 揚土能力  2000m3/h
 ブーム長  舷側から60.00m
 払出高さ  海面から15.00m(10)
 船体
 船体寸法  DIMENSIONS  長さ 73.00m  幅 26.00m  深さ 4.30m  喫水 2.00m 
 機関・甲板機械
 主発電機   AC440V,600kVA 2基
 補助発電機  AC440V,200kVA 1基
 スパッド  1.1m×1.1m×25.00m 2本
 有効水深 15m
 バックホウ
 型式  HITACHI EX1900 EX1200
 数量  2台
 バケット容量 10.2m3 5.9m3
 コンベア
 ベルトフィーダ  ベルト幅:3000mm
 中継コンベヤ  ベルト幅:1600mm
 ブームコンベヤ  ベルト幅:1600mm


Copyright (C) 2001-2018 Kanmon Kowan Construction.,Ltd All Rights Reserved.