HOME
Information浚渫揚土圧送プレミックス研究技術開発工事実績English
PM-6001 セメント混合軟弱土圧送揚土船

Pre-Mixed-Clay Reclaimer PM-6001

PM-6001プレミックス船は、①浚渫土を揚土する設備②固化材を撹拌・混合する設備③処理土を圧送・打設する設備が装備されており、1隻で揚土、固化処理から圧送・打設ができます。軟弱浚渫土に固化材等を添加混合することで、所定の強度や流動性を確保して、港湾・河川の浚渫工事から発生する軟弱土砂を埋立材や護岸の裏込材として有効利用できます。

特長
●固化処理能力は、公称400㎥/hを有しており、大量急速施工が可能です。また浚渫土砂の圧送能力は600㎥/hです。
●連続式パドルミキサとバッチ式ミキサの2種類の混合方法を選択できます。標準は連続式で混合します。処理土の流動性、密度調整等が必要な場合はバッチ式で混合します。
●連続式混合では無加水での混合・圧送・打設ができ1:3の法面形成が可能で、潜堤や中仕切り堤の築造、護岸の腹付けにも適用できます。
●バッチ式混合ではふるい分け・解泥装置で原泥均一化し、比重調整槽で加水量を調整することで任意の密度、流動性を有する固化処理土を製造することができます。
●揚土機は5.0㎥バックホウを中央部に配置し、係留ウィンチを2基装備しており、スムーズな揚土作業が可能です。
●広範囲(護岸超え)の打設が可能なスプレッダーを搭載しており、陸上配管に接続すれば広い施工範囲にも適応できます。
●揚土から打設まで集中制御室で一元管理され高品質な施工ができます。
●セメントサイロは500tタイプ2基を装備しており長時間の連続施工に対応できます。

●フロー図








 SPECIFICATION
 船体部
 船体寸法  長さ(L)=65.0m、幅(B)=25.0m、
 深さ(D)=5.1m、吃水(d)=2.7m
 ウィンドラス  2台 12/6t×9/18 m/min 
 係船ウインチ  3台 8/4t×9/18 m/min 
 スパッドウインチ  2台 12/6t×9/18min(スパッドL=24.3m)
 錨&チェーン・ワイヤー   4.89t AC-14アンカー&48mm×300m 
 3種チェーン・36mm×200mm 4sets
 発電機
 主発電機  1台 AC445V☓2,250kVA
 補助発動機  2台 AC440V☓125KVA、AC440V☓610KVA
 タンク容量
 燃料油タンク(軽油)  250㎥
 清水タンク  153㎥
 バラストタンク  780㎥
 揚泥機
 型式  1台 バックホウ式パワーショベル 5.0㎥
 処理設備
 ふるい分・送泥装置  ふるい分け能力 360㎥/h 10mmアンダー、
 解泥土タンク32㎥
 比重調整・練混プラント  2基 調泥能力 400㎥/h(200㎥/h☓2)
 セメント練混能力 400㎥/h
 (86㎥/h:PMC打設時のセメントミルク製造能力)
 (調泥層3㎥☓4、ミキサー3.7㎥☓2、
 アジテータ7.5㎥、セメントサイロ 500t☓2)
 PMC製造  2軸パドル式練混方式 400㎥/h(200㎥/h☓2)
 ロードセル搭載
 打設設備
 打設能力  400㎥/h
 スプレッダ  スプレッダー25m
 打設水深  -40m
 打設配管  300A鋼管
 圧送機  油圧式圧送機 600㎥/h

五洋建設株式会社と共同保有船

Copyright (C) 2001-2017 Kanmon Kowan Construction.,Ltd All Rights Reserved.