HOME
Information浚渫揚土圧送プレミックス研究技術開発工事実績English
重錘式砕岩兼用グラブ浚渫船関陽

■最大吊り荷重110tの浚渫機を装備し、硬土盤用に自重90t、9m3のヘビィグラブバケット及び普通地盤用に自重65t、25m3のライトグラブバケットを装備し、最大浚渫深度60mの土砂や岩盤の浚渫が可能である。
■自重50tの平刃型砕岩棒を装備し、グラブバケットで掘削が出来ない超硬土盤の砕岩の浚渫が可能である。
■ライトグラブバケットは密閉式により汚濁水の流出を抑制し、環境にやさしい
■グラブバケットは自動水平掘削装置を装備し深堀り、余堀り量の減少を計っている。
■音響測深ソナー及びGPSを装備し、リアルタイムで施工管理が可能。
■アンカーチェーン係留に加え、水深23mのスパッド係留が可能であり、航路や狭隘場所のアンカーレスによる浚渫が可能。
■キック式スパッドで素早いアンカーレス移動が可能。
 船体部 PARTICULARS OF BARGE
 船体関係要目    HULL PART
 船体寸法  DIMENSIONS  L=60.0m B=24.00m D=5.00m d=2.55m 
 甲板機械・その他  DECK MACHINES ETC.
 ウィンドラス  WINDLASS  30t×10m/min×4sets
 係船ウィンチ  MOORING WINCH  10t×10m/min×4sets
 スパッド  SPUD  φ1.5m×1.5m×37m×2sets
 スパッド  SPUD  φ1.5m×1.5m×38m×1sets(kick Type)
 錨  ANCHOR  5t×4sets
 錨鎖   ANCHOR CHAIN  50mm×350m×4sets
 機関関係要目    MACHINERY PART
 主発電機   MAIN GENERATOR  600kVA×1set
 補助発動機  AUX. GENERATOR  200kVA×2set
 浚渫機械部 PARTICULARS OF DREDGING MACHINERY
 浚渫機械要目   DREDGING MACHINERY SPECIFICATIONS
 巻上荷重  HOSTING LOAD  110t
 作業半径  OPERATING RADIUS  21.5m
 浚渫深度  DREDGING DEPTH  60m(BELOW WATER)
 水面上揚程  HOISTING HEIGHT  10m(ABOVE WATER)
 巻上速度  HOISTING SPEED  0-60m/min
 巻下速度  REWINDING SPEED  0-80m/min
 グラブ閉口速度  GRAB CLOSING SPEED  60m/min
 グラブ開口速度  GRAB OPENING SPEED  60m/min
 旋回速度  SLEWING SPEED  0-1.2rpm
 原動機  PRIME MOVER  3,000ps×750rpm×1sets
 グラブ要目GRAB BUCKET SPECIFICATIONS HEAVY MEDIUM
 容量  CAPACITY  9m3(WL)  25m3(WL)
 重量  WEIGHT  90t  65t
 砕岩要目 BREAKER SPECIFICATION
 巻上速度  HOISTING SPEED  60m/min
 砕岩重錘  BREAKER STICK  50t×1sets(chisel type) 


Copyright (C) 2001-2017 Kanmon Kowan Construction.,Ltd All Rights Reserved.