HOME
Information浚渫揚土圧送プレミックス作業船紹介工事実績English

私たちは、業界に先駆けて最新の技術を取り込んできました。
グローバルな視野と豊かな発想が無限の技術を造りだしていきます。
グラブ船近代化の歩み
スパッド 1963年
砕岩装置 1965年
DE(電気)方式 1967年
13m3級岩盤掘削グラブ 1970年
音響測深機 1972年
水平掘削装置 1980年代
スラスター 1994年
GPSソナー 1994年
屋上緑化 2010年
ブレード&フラットグラブ工法 2012年
ブレード&フラットグラブ工法 第13001号
浚渫軟泥土のプレミックス工法 評価番号:98102
油圧搬送システム 評価番号:93103
 
NETISとは直轄事業及び補助事業に係わらず公共工事に活用できる技術を可能な限り網羅するデータベースです。
ブレード&フラットグラブ工法  NETIS登録番号:QSK-120003
浚渫軟泥土のプレミックス工法  NETIS登録番号:QSK-070004
 
仕上掘削用グラブバケット及び仕上掘削方法
水底均し装置
十文字型砕岩棒
土砂投入シュート
床掘固化置換工法
固化処理土の海上施工方法
超軟弱土用ベルトコンベア
軽量プレミックス土の水中盛土工法
水中打設管の先端吐出装置
浚渫軟弱土砂の無加水圧送装置
アンローダー
捨石均し工法
砕岩棒
作業船等におけるアンカー連繋体のガイド装置


プレミックス船工法協会(http://www.pre-mix.jp)
管路処理システム連絡会(KSS)


テクノベース内技術開発センターでは、プレミックス工法などの新技術開発に必要な地盤工学研究のほか、水域環境への影響を改善する為の研究・開発を行っています。
また時代に先駆けて、産学官協同開発による研究も心がけ、学会への論文発表も積極的に行っています。


 地盤工学技術研究
圧送圧調査
圧送抵抗低減調査 圧送圧調査 透水試験装置
 水域環境技術研究
石炭灰リサイクル漁礁製作実験 水域環境調査 水中打設技術の影響調査


Copyright (C) 2001-2014 Kanmon Kowan Construction.,Ltd All Rights Reserved.